未分類

取り返したい衝動

チコリーについてもう少し補足すると、チコリーは愛情のトラウマを癒すのだと思う。

自分のことでなんだが、おいらは何を失ったと感じたとき、胸にぽっかりと痛みというか、大きな穴というか、空洞ができたように感じた。おそらく人は、失ったものが特に「愛」ならば、どうしても取り返したいはずだ。しかし、時間が経過し、状況が変化するとどうなるだろうか。

もはや取り返したくても取り返せない事態になっていることが多いのではないだろうか。でも、心の穴は塞がってはいない。つまり、取り返したい衝動だけが残るのだ。それで、大人になって、取り返しに行くのだが、その時、なぜかモノに走ることが多いと思う。つまり、物質を集めることで自分の中の空虚さを埋める傾向があるということだ。それは、場違いな家電かもしれないし、理想の家かもしれないし、何かを集めることで何かを埋めようとする代償行為なのだ。

さらに、自分の内面を探ると、人と距離置くことが多かった。一人でいるほうが楽だし、誰かとつるむのが苦手だといつも自分に言い聞かせていた。孤独を気取っていても、本当は他者との距離がうまく取れないからなのだ。それは、あれほど心の底で求めたのに、結局は愛されなかったトラウマなのかもしれない。つまり、チコリーの感情には、愛情を取り返したい衝動と、もう傷つきたくないトラウマが全く逆の行動をとらせる場合があると思う。

ちなみに、どうして衝動が残ってしまうかは言うまでもなく、その時、つまり、子どもの時に失ったものは、本当はその時にしか取り返せないからなのだ。大人になってから取り返しても、なんかどこか違うような気がしてしまい、結果、人は、必ず過剰に取り返してしまうことになるのだとおもう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中